猫を飼うのは大変?後悔しないように知っておくべき6つのデメリット!

猫猫について

猫は自由気ままな生き物なので、お世話がラクだと勘違いされることもしばしば…

確かに犬と比べると毎日の散歩やしつけ、トリミングやシャンプーなどは必要ないかもしれません。

だけど、飼う前にはちゃんとデメリットとなる点も知っておく必要があります。

もしも「猫を買いたいな〜」と思っているのであれば、ぜひ飼う前によく検討してみてください!

猫を飼うのは大変?簡単?

猫

るぅ
るぅ

簡単!だなんて〜大きな間違い。あたしたちはとてもデリケートだし、寂しがりやだし…

ミルク
ミルク

るぅは特別ママさんにべったりだもんね~

もちろん猫のお世話が大変か、簡単かは人それぞれ感じ方が違うので一概には言えません。

私は大変と感じるよりもむしろ、たくさんの幸せをもらっているように思います。

ですが、猫を飼う上でのデメリットとなる部分を私なりに考えたのが次の6つの点です。

後悔しないように知っておくべき事6つのデメリットとは?

猫

猫はモフモフしているし、愛くるしいかわいい姿に誰もがきゅん♥となってしまいます。
しかし、「かわいい」と理由だけで飼い始めるのはよろしくありません。

どんなに大変なことがあるか知った上で、心構えをしてから迎えてほしいと思います!
次の6つの事が特に大変だなぁ~と思います。

6つのデメリット
  1. ごはん代やトイレ代がかかる
  2. 医療費が高い
  3. 家具や壁が汚れる
  4. 嘔吐をする
  5. 猫の毛がそこら中にある
  6. 旅行に行きにくくなる

ごはん代やトイレ代ががかかる

ごはんにもカリカリやウェットフードなど様々あり、種類によってもお値段はピンキリです。

猫の好みもあり、どのようなフードがいいかはそれぞれでお試しするといいと思います。

やはり長生きしてほしいのでごはんも体にいい物を選びたくなっちゃいます。

また、トイレの砂も清潔を保つ為にも定期的に砂も交換をしなくてはいけません。

これまでの生活にはかからなかった支出となりますので、あらかじめ頭に入れておくことが必須です!

医療費が高い

猫も体に不調があれば病院に連れて行きます。

年に一度のワクチン、避妊去勢手術、健康診断もあります。

その他の大きな病気をした場合はとても高額な医療費が掛かります。

全額を自分で負担するか、保険に加入して負担割合分を支払うか‥で変わってきます。

年齢が上がる事で、病気のリスクも高まるので保険料も年々上がっていきます。

でも、ペット保険に加入する事でもしもの時の負担を軽減する事ができるので、加入する事を私はおすすめします。

家具や壁が汚れる

爪とぎで壁や家具、ソファーなどが犠牲になります。

猫はなかなかしつけをするのが難しいので、「ダメ!」と言ってもやってしまいます。

小さなうちから、しっかりとしつけをすると防ぐこともできるようですよ!

うちでは、ミルクの方がレースのカーテンをボロボロにしてしまいまい、付けれられなくなりました。

オス猫ですと、マーキング行為もあるので壁などにおしっこをしてしまう事もあるようです。

るぅの方は、どうやら羽毛布団やその他の場所に粗相をしてしまう事が何度かありました。
何かに強い不満があると、粗相をしてしまうようです。

ミルクの方はこれまでに一度も粗相をしたことはないので、その点ではとても助かっています。

嘔吐をする

猫は体に入った毛を吐き出すために嘔吐をします。

また、急いで食べてしまった時など大量に食べたばかりのフードを吐くこもと‥

ミルクは吐きませんが、るぅが吐くタイプの子で急いで食べてはたまにフードを吐いています。

幸い、布団やラグの上では吐かれていませんが、吐いているのを片付けるのもなかなか大変な仕事です。

猫の毛がそこら中にある

猫の毛が抜けて、ソファーやラグ、洋服にも付くのでコロコロは必須です。

換毛期には、毛がゴロゴロ転がっているのでより掃除が大変です。

出掛ける時には、洋服などにも付いているので、よくチェックしてから出掛けています。

猫の毛が原因で、猫アレルギーを発症するケースもあるので心配な方は事前にアレルギー検査をするといいと思います。

旅行に行きにくくなる

これまで普通に行っていた旅行もなかなか行きにくくなってしまいます。

嫌がらなければペットホテルに預けることもできます。

でも、猫は人に懐くというより家に付くと言われています。

一泊二日程度であれば、ごはんや水をしっかり用意してあげれば大丈夫だとも言われています。

生活環境が変わる

猫

猫を飼う事は生活環境が大きく変わります。

わたし自身も最初はこのことが気がかりで、ちょっと不安もあり…なかなか踏み切ることができずにいました。

やはり、飼うのであれば家族みんなが猫の事を大切にできるように、全員一致で飼いたいなぁ~と思いました。

今ではすっかり猫中心の生活です(;”∀”)

もちろん、癒されるしかわいいし…今では猫がいない生活は考えられないほどです。
飼いたいな~と漠然と思っていても、現実と理想は違う物です。

老猫になれば、体力も衰え病気にもなり介護が必要になる時が来るかも入れませんね。
私にもまだ猫の介護の経験はありません。

でも、どんなことがあっても最期までしっかりと見守る覚悟はできています。

それほどに、猫との暮らしは幸せなもので、かけがえのない存在なのです(;”∀”)

さいごに

猫を飼う上でのデメリットはお分かりいただけたでしょうか?

「猫は気まま」「ツンデレ」と言われる部分もありますが、飼い主の気持ちに寄り添ってくれる時もあるんです。

そんな時はとても幸せに感じます!

6つ挙げたデメリットはこちら

  1. ごはん代やトイレ代がかかる
  2. 医療費が高い
  3. 家具や壁が汚れる
  4. 嘔吐をする
  5. 猫の毛がそこら中にある
  6. 旅行に行きにくくなる

もちろん猫を飼う事は大変だけど、もう家族の一員なのでそれが負担になることもありません。

この記事では、飼う前の心構えとして知っておいて欲しいな~と思ったのでデメリットについて取り上げました。

しかし、猫との暮らしはとても幸せなのでぜひ、よく相談して家族に迎えてあげてくださいね(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました