保護猫の里親になるまでの流れやかかった費用についてのまとめ!

猫保護猫の譲渡

今日は飼い主の私がお話しさせて頂きます。

猫好きとしては、少しでも多くの猫が幸せに暮らしてほしいので、「保護猫の里親になりたいな~」と思っている方のお役に立てればと思います。

ここでは、保護主さんとのコンタクトや譲渡までの流れ、その時に支払った費用などをお伝えします。

保護猫の探し方

私は、保護猫団体のサイトを利用して、日頃から我が家に合いそうな保護猫はいないかな~と探していました。

また里親探しのサイトでも県内だけでなく、県外からも私の県を対象としている方の応募を日々チェックしていました。

スマホで探す前には、身近な保護団体の譲渡会にも参加をして実際の保護猫を見てきました。

ハンデがある子、病気がある子…とても怖がっている子、人懐っこい子、さまざまでした。

里親探しサイト

次女のるぅは里親探しのサイトからるぅにヒットして、実際に保護主さんに連絡をしました。

その方はインスタグラムやブログでも猫の情報を発信している保護猫ボランティアの方でした。

これまでにもたくさんの猫を里親に出し、いつも猫に寄り添い、とても愛情深い方でぜひとも!と思い応募しました。

インスタグラムの方を見ると、他の猫やるぅの様子も見れたので、ますます興味をそそられました!

実際に、るぅはとてもきれいな猫でオッドアイという事もあり、人気があって他からもお問い合わせがあったようです。

でも、私が一番早かったのか?保護主さん的に印象が良かったのかは分かりませんが…我が家に来てくれることになったのです。

連絡してから、実際の譲渡までの流れは以下のようになります〜。

譲渡までの流れ

猫

私の場合ですので、その応募者さんによって違いはあると思います。
一例として参考にしてください。

実際に会いに行く

隣県ですが、私と子供2人と(夫は仕事で不在)でるぅの住んでいる保護主さんの家に会いに行きました。

分かっていたことですが、他に飼っている猫の多さにびっくりしましたが…

最初、るぅは1階にはいなかったため、私たちは保護主さんと話しながら他の猫たちと遊んでいました。

るぅは、しばらくすると二階から降りてきてくれ、おもちゃで一緒に遊びました!

すごく細くて小柄な猫だな〜と思いました。

この時はとくに子供たちの事も怖がることなく、たくさんおもちゃで遊び、普段の様子を見させて頂きました。

引き取ることを決定

「ゆっくり考えてください~」という事でしたが、私の中では余程のことがない限り、ほぼ引き取ることを決めていたのでその場で譲渡して頂きたい旨を話しました。

譲渡の流れや費用など細かい話を聞き、その日は帰宅しました。

それから、2匹目のるぅを迎える準備に取り掛かりました!

連れてきてくれる

翌週に、さっそく保護主さんご夫婦がるぅを連れてきてくれました。

保護猫の場合、保護主から責任を持って譲り受けるという事で安全に安心して猫が暮らせる環境であるか?という事の確認が必須になります。

野良猫であったり、辛い経験をしてきたりしている事なども踏まえてこれからのは幸せに暮らして欲しいですもんね!

おそらくの場合、ほぼほぼで里親の家庭の飼育環境などのチェックが入ると思います。

私は日頃から、長女ミルクの写真や家の中の写真をインスタグラムにアップしていたこともあり、飼育環境を事前に把握できたようなので、すぐに仮譲渡となりました。

お試し期間

譲渡契約書を交わし、2週間のお試し期間です。

実際には正式譲渡を決断するまでには、いろいろとあり1ヶ月ほどかかりました。

その辺りについては、こちらの記事をご覧ください。

かかった費用

  1. 保護主さんの交通費
  2. 手術代や治療費の一部

隣県という事もあり、連れてきてもらう際の交通費を負担させて頂きました。

それと、これまでにかかった手術代や治療費の一部を保護猫団体への寄付に替えさせていただき25,000円をお支払いしました。

「里親」というと無料で…というようなイメージですが、ボランティアをされている保護主さんですと、治療費等の一部はかかるようです。

保護主さんは、実費負担で保護猫の治療やごはんやトイレのお世話を負担しています。

それを考えると、治療代くらいはお支払いしないとです!!

この命を預かるということは、それなりに費用もかかりますし、病気の治療具合によってはこれ以上かかる事もあると思うので事前にご確認をしてくださいね。

かわいいからと簡単に引き受けられる金額ではありませんし、その後の生活にもお金はかかるので「飼えなくなった」という事にならないように、よく検討をお願いします。

個人の方で「家でたくさん猫が生まれて引き取って欲しい」というような場合ですと、費用も掛からず引き取れるかもしれませんね!

正式譲渡

お試し期間を経て、猫も人間もやっていけそうだな~と思えてから、正式譲渡とさせて頂きました。

保護主さんに連絡をして、無事に我が家の一員となりました(^^)/

我が家の場合ですと、先住猫との相性が一番気になっていました。

最初はなかなか、先住猫の方が受け入れられずに「やってしまった…」とさえ思いました。

どんな場合にしても、しっかりと仮譲渡期間を経てから正式譲渡という形を取るのがいいか思います。

まとめ

保護猫を引き取るまでの流れは次のようになります。

  • 保護主さんに連絡
  • 実際に会いに行く
  • 飼育環境のチェック
  • 連れてきてくれる
  • 仮譲渡:お試し生活
  • 正式譲渡

もちろん、迎えるための準備や譲渡費用も掛かりますので、事前にしっかりと説明を聞いてみてください。
(譲渡費用は掛からない場合もあります)

しあわせな猫との暮らしを過ごしてくださいね(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました